トラベル&ツアーズ・ライセンス番号 Kha-1286/ PaKha-0016

お問い合わせthanhlaing@compasstours.jp + 95 - 9 - 514 - 3612日本語可

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

シュエダゴン ・ パゴダ

黄金の運命のシュエダゴンパゴダは、ミャンマーの美しい景色の中で最も壮大なスポットです。ヤンゴンのパノラマの中にあり、シュエダゴンパゴダの輝くゴールデンストゥーパは、ヤンゴンを支配し続けています。素晴らしい世界の驚異の一つであるシュエダゴンパゴダは、世界で最も美しく雄大な壮大な塔です。巨大な塔は素晴らしい建築的成果だけでなく、完璧なものです仏教が人生のあらゆる側面を先取りする国のシンボル。.

入場料       : 8000 チャット (お一人様)
カメラ料      : 無料
開廊時間    : 午前04:00 から 午後 10:00 まで
WIFI       : 無料で御使える


IMG 3207

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

カバエー・パゴダ

インヤー湖から少し先にあるカバエー ・ パゴダは、ヤンゴンのマヤンゴン郷にあるカバエーロードのチーリミンガラーカバエー丘にあります。ミャンマーのカバエーは「世界平和」を意味し、これはパゴダが達成しようとしているものです。
  パゴダは、1954年に第6仏教評議会(1954-56)に捧げられたフリーミャンマーの最古の首相の一人であるウーヌ様によって建てられました。第6回仏教評議会が、仏の啓蒙の2500年の誕生日を記念して開催されました。パゴダは111フィートの高さに上昇し、ベースの周りに34メートルを測定します。塔が建っている化合物は十分に大きく、その中に数多くの修道院があります。

入場料       : 無料
カメラ料金    : 無料
開廊時間     : 午前04:00 から 午後 10:00 まで
WIFI        : 無料で御使える

images

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

マハー ・ サーサナ ・ 洞窟

マハー ・ サーサナ ・ 洞窟は、6番目の仏教評議会が開催された会議ホールを備えた大きな洞窟です。会堂は洞窟の中に建てられました。なぜなら最初の仏教評議会は約2,500年前に涅槃の最後の涅槃に入った直後にインドの洞窟の中で開催されたからです。ホールの6つの入り口と6つの大きな柱が6つのカウンシルを象徴しています。長さ67メートル、幅43メートル、天井が高いホールは、さまざまな会合や、仏陀の教えである、ホールの終わりには、「証言するために地球を呼び出す」姿勢の精巧な王座に座っている小さな仏像があります。

入場料       : 無料
カメラ料金    : 無料
開廊時間     : 午前00:00 から 午後 00:00 まで
WIFI        : 無し


images1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

メーラム・パゴダ

それは北部のオクラーパ、ヤンゴンのサブエリアに置かれています。メーラムはラムの木の実から生まれた少女を意味します.ダゴンの創始者であるオクラーパの母親の話によると、彼女はなりました。 ライン川をタンリンに渡って人生を失った孫の思い出に塔を建設した。この小さな塔は、ソーニュンイーさんがそれを再構築する夢を見せてくれるまではあいまいだった。この仏塔は、 、または以前の存在。

入場料:無料
カメラ料金:支払う必要があります
営業時間:午前4時〜午後10時
Wifi : 出来ない

Untitled

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

シュェドーミャッ パゴダ
カバーエーパゴダー ロードとスダマー 道.の間にある国際仏教大学の近くに、一緒に暮らしていた2つのお釈迦様の歯、 1996年に中国からのお釈迦様の歯遺跡で。それは9つの入り口の門を持っているが、1つの入口だけを開く。それはヤンゴンのダウンタウンとヤンゴン国際空港の中心にラウンドアバウトである。入場料は無料ですが、カメラ料金を支払う必要がある。

入場料:無料
カメラ料金:支払う
営業時間:04:00 am〜10:00 pm
Wifi :出来ない

images2 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

チャウトージー・大仏
これはミャンマー最大の大理石の仏像で、高さ37フィート(11m)、重量は600トン以上です。このイメージの古典的な名前はローカチャンターアバヤラーバムニであり、世界平和と繁栄を意味します。この座っている仏像は、単一の大理石から湾曲しています。巨大な石はマンダレーのマデヤー市の大理石地域で見つかった。彫刻草案はエアーワジーの川を通りヤンゴンまで運ばれました。その後、ついにそれが触れられました。

入場料:無料
カメラ料金:支払う
営業時間:04:00 am〜10:00 pm
Wifi :出来ない

index

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

チャウタッジー根釈迦様
これは、ミャンマーの仏陀のリクライニングイメージです。それはシュエダゴンパゴダからそれほど離れていない大きな金属屋根の倉庫に収容されています。六階建てのパゴダは、大きな像がリクライニング姿勢にあり、後者は座っている姿勢にあるため、近くの5階建てパゴダを名乗っています。


入場料:無料
カメラ料金:無料
営業時間:午前4時から午後10時まで
Wifi :出来ない

index1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

ガータッジー大仏
ガータッジー大仏は、「仏陀」とも呼ばれチャウタッジー根釈迦様の向こう側に位置しています。ギー仏像。巨大に座っている仏像は鉄構造のパビリオンにあり、5層のCGI屋根のアシェ・トーヤ修道院があります。したがって、ガータッジーパゴダとは5層屋根の塔を意味します。この仏像は、イメージの周りのMagite(armours)を使用するスタイルの他のイメージとは異なります。

入場料:無料
カメラ料金:無料
営業時間:04:00 am〜10:00 pm
Wi-Fi :出来ない

 

index2

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

ナショナルミュージアム
ナショナルミュージアムミャンマー国立博物館は、1952年に設立され、かつてはジュビリーホールであることを前提としていました。1970年に博物館はパンソーダン道のより広々とした建物に移されました。しかし、これらの建物は、もともと博物館を収容するために建設されたものではなかった。現在の国立博物館は、ピーロードにあり、広々とした特別な景観の敷地内に建てられた素晴らしい5階建ての建物にあります。 4階建ての14のホールでは、古くからの貴重な美術品、芸術品や歴史的記念品が展示されています。グラウンドフロアの3つのホールは、ミャンマーのスクリプトとアルファベット、ライオンの王座の部屋とラタナーポーンのピースの進化の展示を保持しています。すべての訪問者は、カメラとサイト内の袋を持ち込むことはできません。訪問者は、


入場料:お一人様5ドル
カメラ&ビデオーカメラ:中まで持って行けない。【注意】
営業時間:09:00 am〜16:00 pm(月曜日休み)
Wi-Fi :出来ない

 

index5

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

BOGYOKE MUSEUM
Bogyoke Aung San meaning General Aung San, the hero who fought for the Independence of Myanmar. He was assassinated on 1947 July 19 by Galone U Saw and his companions. After his death, Bogyoke's Home place became the museum for the public, to go and see the memorial days. The museum was established in 1962, at No.15, Bogyoke Museum Lane, Bahan Township near Kandawgyi Lake. It is a two storey building built during the colonial time. Several old family photos, famous speeches and other personal mementos such as handwritten notes can be seen inside the museum. For many years, the museum was opened only for the Martyrs' Day of 19 July. But the museum formally reopened on 24 March 2012.

Entrance Fee : 300 Kyats per pax(Adults), 100Kyats (children under 12 years)
Camera Fee : Not allown
Opening Hour : 10:00 am TO 04:00 pm
( Wednesday through Sunday,except on public holidays)
Wifi
: No

images4

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

BOTAHTAUNG PAGODA
This famous Botahtaung Pagoda is placed the eastern part of Yangon City ,Myanmar near the Yangon river.The name of the Pagoda means A thousand military leaders are said to have constituted a guard of honour when relics were brought from India some two millennium or so ago.Through it was completely destroyed by a direct hit of allied bomb on during 1943 World War II and was rebuilt after the war.It was reconstructed together with its original stone casket serving as a repository of a Sacred Hair and two body relics of Load Buddha.

Entrance Fee : 2 USD per pax
Camera Fee : Free
Opening Hour : 04:00 am TO 09:00 pm

Wifi
: No

images6

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

SULE PAGODA
It is beautifully situated in the center of the Yangon and an excellent landmark. It is concrete island amid din and bustle of the busiest sector of the city,where the heavy traffic flows all around smoothly.It is remains the tallest building in the dowtown area.It is said to be over 2,000 years old and contains a hair given by the Buddha to two Burmese merchants. Located on a roundabout in downtown Yangon. The golden pagoda is unusual in that its octagonal shape continues right up to the bell and inverted bowl. It is surrounded by small shops and all the familiar non-religious services such as of astrologists, palmists, and so on.Inside the pagoda are the usuly shrines and Buddha images.

Entrance Fee : 2 USD per pax
Camera Fee : Free
Opening Hour : 04:00 am TO 10:00 pm

Wifi
: No

Yangon-City-Hall-Yangon-Myanmar

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

YANGON CITY HALL
Downtown Yangon is known for the highest number of colonial period buildings in Southeast Asia. The former High Court, the former Inland Water Transport building, the former Secretariat buildings and the Strand Hotel are excellent examples of the Yangon's past. Century-old buildings with magnificent architecture are main tourist attraction in downtown Yangon.Centrally located in downtown Yangon. The City Hall building is considered to be a fine example of Myanmar architecture. The construction of this building started in 1926 and ended in 1936. The building is enlisted on the Yangon City Heritage List.

index6

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

BOGYOKE AUNG SAN MARKET @ SCOTT MARKET
Bogyoke Aung San Market is situated in the heart of Yangon, on Bogyoke Aung San Road. The market was first built and inaugurated on the present premises in 1926. It was named Scott Market after Mr. C. Scott, the then Municipal Commissioner. Nowadays, it is called Bogyoke Aung San Market in honor of our national leader General Aung San.It is known for its colonial architecture and inner cobblestone streets. The Bogyoke Zay, as it is commonly known, is the most popular tourist destination for shopping in Yangon. It has the largest selection of Myanmar souvenirs you can find under one roof. You can buy a variety of interesting Myanmar lacquerware, gems and jewellery at this market.

IMG 3254

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

YANGON CENTRAL RAILWAY STATION
The history of Myanma Railways dates back to the colonial era of Burma. The idea of introducing a Railway transport system in Myanmar germinated in the year 1880. The British rulers planned a railway route between Phitsanoluk in northern Thailand (erstwhile Kingdom of Siam) and Moulmein in Burma. Unfortunately, the idea ended in fiasco for dearth of funds for the project.Then in early 1939, when the Japanese forces gained control over entire South East Asia, they took initiative for building the railway link. Their sole intention was to use the railway as supply line for transporting army and war equipments to the Burmese front with the secret motive of invading India.

index3

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

PORT OF YANGON
The Port of Yangon is situated at Latitude 16 47' N and Longitude 96. 15' E on the Yangon River and about 32 km inland from the Elephant Point on the Gulf of Martaban. All vessels calling to the Yangon Port, pilotage is compulsory if they are over 200 GRT. Navigation from the Pilot Station, which is further 32 km seaward from Elephant Point, to the Yangon harbour is generally on a flood tides and has to be timed to cross both Inner Bar and Outer Bar near high tide to ensure sufficient depths.

<< 前 次 >>


No.141/145, Konzaydan Street, Pabedan Township, Yangon, Myanmar (BURMA).
Tel :+95-1-373-617/ Fax:+95-1-378-496,Mobile:+95-9-514-3612, 421-112-508.
                          E-mail: thanhlaing@compasstours.jp
URL:http://www.compasstours.jp
free hits